« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

本『「当事者」の時代』

『「当事者」の時代』
著 佐々木俊尚
光文社新書

佐々木さんの本はほとんど読んでいるし、Twitterも見ているので、
最初に『「当事者」の時代』というタイトルを聞いたときは、
「あー、東日本大震災において、「被災者の気持ちになれ」って
言ってしまう人たちの話だろうな」と予想はついた。
“マイノリティ憑依”という言葉もすんなり納得がいった。

実際に本を読んでみたら予想と違って、
震災以後の話は終章に出てくる程度だった。
もちろん、あとがきにあるように、震災がこの本の方向性に
大きく影響を与えていることは間違いないのだが、
それを期待して読んだ私からすると「あの話はまだー」のように
感じるほど、前置きが長い。(いや前置きじゃないんだけど。)

著者が新聞記者時代に体験した<夜回り共同体>と<記者会見共同体>の問題、
プロフェッショナルな市民運動に仮託して描いた「市民感覚」、
小田実による<被害者=加害者>論、津村喬の『わられの内なる差別』、
「七・七告発」による学生運動全体への波及、
1970年に<マイノリティ憑依>へと走った本多勝一、
「憑依」を支えてきた総中流社会、
1990年代後半に五十五年体制が崩壊し、
<マイノリティ憑依>がエンターテイメントとして意味をもたなくなる、
ざっとこんな感じでメディア言論の変遷を追っている。

ひとつひとつの話はしっかりしているし、
アル・ジョルソンやヤシロのエピソードもおもしろい。
しかし、1970年当時をリアルで知らない私にとって、
たかだかひとりの論文が当時の言論を変えてしまうほどの
力を本当にもっていたのか、そのまま信じられない。
津村喬や本多勝一についてもちゃんと著作を読んだことがないので、
佐々木さんが語るままの受け止め方をしていいのか、と感じてしまう。
『クライマーズ・ハイ』を見たときにも思ったけど、
記者と警察のわずかなボディーランゲージによって作られる特ダネ
って何だろう、これをジャーナリズムといえるのかという疑問もぬぐえない。

マイノリティ憑依する人たちはいつの時代にもいたのだろうが、
東日本大震災やネットによって、露骨にその声が大きくなった気がする。
「被害者の前で同じことが言えるのか」
「福島の母親の気持ちになってみろ」
と罵倒する人たちは、被害者でもないし、福島に住んでもいない。
そのことに対する気持ち悪さは震災以後ずっと感じており、
<マイノリティ憑依>という言葉で説明されてすっきりした。
ただ、私が掘り下げてほしかったのは現在の部分なので、
そういう意味でははなはだ物足りない。

続きを読む "本『「当事者」の時代』" »

本『ソーシャルゲームのすごい仕組み』

『ソーシャルゲームのすごい仕組み』
著 まつもとあつし
アスキー新書

なぜ、人々は今パッケージゲームではなくソーシャルゲームにハマるのか。
月に数万円をつぎ込むユーザーもめずらしくないという
モバゲーやGREEのソーシャルゲーム。
任天堂とソニーの家庭用ゲーム機シェア争い、
iPhone登場によるガラケーからスマホへのプラットフォーム展開、
『ドラクエ』、『FF』など壮大なRPGから物語性の分離、対戦・育成への変化
など、ゲームの歴史を俯瞰する。

また、問題になっている課金やガチャについて。
本書で紹介されている『アイドルマスターシンデレラガールズ
コンプガチャシミュレーター』をやってみたら、
私の場合、コンプまで10万円かかりました。
(シミュレーターだから本当に10万円かかるわけでもなく、
実際のゲームとは違う可能性もありますが。)

ソーシャルゲームの場合、ゲームをリリースしてからでも
ゲームバランスを改善してユーザーの離脱率を減らすことができる。
DeNAは、ソーシャルゲーム以前にeコマースやオークションを手がけており、
GREEにはコミュニティー運営やアイテム提供の経験があり、
ノウハウとして生かされているのでは、という指摘に納得。

ソーシャルゲームってシステムとしては簡単なものが多いので、
一度つくってしまえば、あとは楽なのではと勝手に思っていたのですが、
むしろユーザーを飽きさせないために定期的にイベントをしかけたり、
新しいアイテムを投入していかなければいけないのだなと。

モバゲーやGREEの話が中心なのに、
解説画面にジンガのCityVilleが引用されているのはやや違和感。
成長にかげりがあるとか、ガチャの問題提起はされているものの、
今後はどうなる?まで話が進んでいないのは残念。

続きを読む "本『ソーシャルゲームのすごい仕組み』" »

本『理系の子』

『理系の子 高校生科学オリンピックの青春』
著 ジュディ・ダットン
文藝春秋

50ヵ国から1500人以上の高校生が参加し、
400万ドルを超える賞金と奨学金をめぐって競う
『インテル国際学生科学フェア(ISEF)』を追ったドキュメンタリー。

核融合炉を作った14歳の少年、ハンセン病の少女、
ホース・セラピーの研究をしている少女、
喘息で苦しむ妹のため、ラジエーターと炭酸飲料の空き缶から
部屋を暖めるヒーターを作った少年、
手話の代わりに文字を描く手袋を発明した少年など、
ISEF2009に参加した子供たちの勝敗の行方を追いつつ、
伝説となった優勝者たちのエピソードを紹介している。

サイエンスフェアは日本ではなじみがないけど、
アメリカでは各地で行われていて、映画だと
『ルイスと未来泥棒』などで描かれている。

地元のサイエンスフェアで優勝することによって、
さらに上の大会に出場できる。その最高峰がISEF。
彼らが何を研究して、何を発明したかというより、
彼らの研究に賭ける熱意がおもしろい。

こうした研究に出場できるだけあって、
多くは教育環境に恵まれた子供たちなのだが、
なかにはここで優勝して奨学金をもらえないと大学に行く夢が
閉ざされるという子供たちもいる。

第二のビル・ゲイツと呼ばれてるフィリップ・ストライクは
9.11によって多くの友人を失った両親がJ・P・モルガンを退職し、
10歳のときにアーミッシュの農場へと引っ越す。
地元の学校に満足できなかったので、母親が自宅学習をはじめ、
高校二年生でカーボンナノチューブの研究でサイエンスフェアに出場し、
ハーヴァードに進学し、10万ドル以上の奨学金を獲得、
特許をもとに会社を設立する、という輝かしい成功例だ。

後半ではフェアで子供たちが交流する様子や
授賞式の模様も描かれている。

サイエンスフェアにかける青春というテーマはものすごくおもしろいのだが、
残念ながらドキュメンタリーとしての描写はイマイチで、
彼らが何を研究しているのかがわかりにくい。
また、感動的なエピソードをつなげているだけという印象も残る。
(むしろ、巻末に掲載された日本からサイエンスフェアに出場した
女子高生の体験記が雰囲気をよく伝えている。)

原題は『Science Fair Season』。これはこれで素敵だが、
『理系の子』という邦題は秀逸。

続きを読む "本『理系の子』" »

本『スマートテレビ』

『スマートテレビ』
著 西田宗千佳
アスキー新書

言葉だけが先行してしまったために、
実体がわかりにくい「スマートテレビ」について、
スマートテレビとは何か、なぜテレビの価格は暴落したのか、
タブレットやスマートフォンとの連携などを解説。

サムスンが勝利を収める一方で、
パナソニックもソニーも巨額の赤字を記録。
“亀山モデル”でブランディングに成功したシャープも
強みであったはずの“液晶パネル生産設備”がお荷物になっている。
ここらへんの現状が非常によくわかる。

テレビはすでに一種のPCであり、
ネットやタブレット、スマホと連携していくのも必然の流れだろう。
スマートテレビ自体はバズワードなどではなく、
実際に今、動いている流れであり、今後もテレビのPC化は加速し、
数年後にはテレビの観かたは大きく変わっているはず。

現在、テレビをリアルタイムで見るのは
スポーツの試合のほか、Twitterの実況中継が楽しめる番組になるだろう。
スマホでツイートを確認しつつ、テレビを見るのは結構大変なので、
テレビ画面に組み込んでしまおう、という考えはわかるのだが、
みんながみんなニコニコ動画になる必要もないよね、とも思うわけで。

続きを読む "本『スマートテレビ』" »

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »