« 本『挑む力』 | トップページ | 本『桐島、部活やめるってよ』 »

本『僕は、だれの真似もしない』

『僕は、誰の真似もしない』
著 前刀禎明
アスコム

前アップル日本法人代表、前刀さんによる
自分にしかできない方法で、人を感動させる、
“セルフ・イノベーション法”。

前刀さんの名前は有名だけど、
アップルの日本法人だったのは2004年~2006年の
わずか2年間ほど。この人のプロフィールが
またバラエティ豊かな豪華さで、
ソニー、ベイン・アンド・カンパニー、ディズニー、
AOLを経て、ライブドアを起業。
(その後、ホリエモンのオン・ザ・エッジに
ライブドアを名前ごと売り渡すので、その後の騒動はまた別。)
アップルの後は、人材教育会社リアルディアを設立しているという。

自己啓発本っぽいですが、“セルフ・イノベーション”というだけあって、
独自の視点をもつための話がなかなか痛快。
自戒をこめてメモっておくと、たとえば、

 ただ勉強しただけでは、決してセルフ・イノベーションはできません。
 インプットとアウトプットが大切だとよく言われますが、
 人から情報を仕入れて、それにちょっと自分の意見を足して
 ブログに書いたところで、あなた自身には何の変化もおきません。

とか。
「検索でトップに表示されるような情報には何の価値もない」
とかもデスクトップに貼っておきたいような言葉です。

◆読書メモ

僕は、持参したソニーの超軽量・薄型ノートパソコン
「バイオノート505エクストリーム」をスリープ状態から復帰させ、
パワーポイントで作成した資料の1ページ目を表示させました。

Windowsノートパソコンのパームレストには、必ずと言っていいほど
インテルやWindowsのステッカーが、誇らしげに貼られています。
ほとんどのユーザーは、そのステッカーを貼ったまま使用し続けていて、
気にしている様子もありません。僕は、この感覚が理解できません。
メーカーの誇りを毎日見せつけられるのはいやだし、宣伝に協力する気もない。
第一邪魔だし、かっこ悪い。

まず大切なことは、与えられた課題をクリアする力ではなく、
課題を見つける力です。

人の真似をするのではなく、自分のなかにある価値観を見直してほしい。
それこそが、感動を生み出す原動力になります。

ただ勉強しただけでは、決してセルフ・イノベーションはできません。
インプットとアウトプットが大切だとよく言われますが、
人から情報を仕入れて、それにちょっと自分の意見を足して
ブログに書いたところで、あなた自身には何の変化もおきません。

人生には、きっといつまでも明確な答えやゴールはない。
でも、やりたいこと、何か楽しそうだと思うこと、
おもしろい展開になりそうな方向に行きたいと思うこと、
自分の五感と想像力を頼りに生きていけば、
一見ランダムに見えても、やがて点と点が思わぬ形でつながります。
「Connecting the dots.」です。

大切なことは「ドット」である点の数が多ければ多いほど、
長く、強い線になること。興味を持ったことや経験が多ければ多いほど、
それらがいずれつながったときの迫力も増します。

「人生の時間は少ない。他人の人生を歩んでいる場合じゃない。
自分の心に従え。自分のやりたいことは自分の心に聞け」

スティーブもびっくりするくらいのイノベーターならまだしも、
自らは何も改革せず、何の新しい価値も生み出せない人が、
政治力だけでものを言い始めるようになると、いよいよ危険信号です。
イノベーティブでない人ほど、自分を偉く見せるために他人の足を
引っ張る姿を僕は何度となく見てきました。

まず、勤めている会社やバカな上司を、ひたすら反面教師として
学ぶことです。
そして、ダメな会社やバカな上司の方針に対して、自分の頭のなかで、
徹底的に代案を考えること。それを発表するかしないかはとりあえず問わず、
自分の頭をさびつかせないことを優先します。自分だったらこうするのに、
という視点を絶対に失わないこと、思考を止めないことです。

でも僕には、SNSでつながることがどうしても群れている、
自分の価値を他人に合わせ込むことのようにしか思えず、
そこに時間を使うよりも、自分の確固たる信念や価値観を創ることに
力を使いたいという思いがあります。

経営者やリーダーは、つねに判断を求められます。そんなとき、
どれが正解かで決めるべきではない。二者択一で悩んでいるのなら、
正解か不正解かではなく、好きか、嫌いかで決めるべきです。
スティーブは「正解」を探していたか? とんでもありません。

いまは、検索結果に広告がどんどん入り込んでいる時代です。
検索エンジンには純粋にものを探すという機能が失われつつあるのです。
全世界の集合知だったはずが、そうではなくなりつつあるということを
意識しておいたほうがいい。広告やSEO対策で上位表示される情報になど、
価値はありません。そんなものに巻かれてはいけない。
本当に大切なことは、検索しても絶対にわかりません。
あなたにとって大切なものとは? 価値とは? 真理とは? この先どうなる?
そんなもの、いくら検索しても、答えがでてくるはずはありません。

« 本『挑む力』 | トップページ | 本『桐島、部活やめるってよ』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/46424000

この記事へのトラックバック一覧です: 本『僕は、だれの真似もしない』:

« 本『挑む力』 | トップページ | 本『桐島、部活やめるってよ』 »