« 2014年1月 | トップページ | 2015年1月 »

本『孤独の価値』

『孤独の価値』
著 森 博嗣
幻冬舎新書

『スカイ・クロラ』などで知られる小説家であり、工学博士でもある森 博嗣。
数年前に引越しをし、家族以外にはほとんど人にあわず、半分隠退生活を送る森が、「孤独とは何か」、「寂しいとどうしていけないのか」「孤独からしか生れないものがある」と語る。

孤独といっても、食事作ってくれる家族が側にいる生活は孤独といえるのかとも、もちろん思うわけだし、経済的に余裕があるから、わずらわしいから会いたいと思わない人には会わないという選択もできるのだろう。
そもそもこれを書いたのが森でなければ、手にとらないだろうし、彼がいうからこそ、「孤独の価値」というのにも意味がある。


続きを読む "本『孤独の価値』" »

本『残花亭日暦』

『残花亭日暦』
著 田辺聖子
角川文庫

2001年6月から2002年3月まで、日記という形をとった田辺聖子のエッセイ。
最初のうちは新刊の宣伝のために行なわれる対談や、講演、原稿など仕事の話をまじえた日々がつづられているのだが、旦那さんに悪性腫瘍が発見された8月から、彼を見送るまでの記録となる。

旦那さんは足を悪くしており、数年前から闘病生活を送っている。
年老いたお母さんもいらっしゃり、田辺聖子は人を雇い見てもらいながら、大量の仕事をこなし、彼の入院する病院へと通う。
介護というのは体力的にも精神的に辛い仕事だ。
愛する人が居なくなってしまうという寂しさと、この忙しい日々もそれで終わるのだという想い。
多少の罪悪感や後ろめたさを感じながら、彼を人に見てもらい、休養の小旅行に出かける嬉しさを率直に書いている田辺聖子。
会話がだんだん成り立たなくなっていく旦那さん。
悪化する病状の合間に、やってくる講演、原稿の仕事。

ここらへんは読むのが辛く、なかなかページが進まなかった。
愛する人を見送る、それは長いお別れだ。


続きを読む "本『残花亭日暦』" »

« 2014年1月 | トップページ | 2015年1月 »