« 本『月を盗んだ男』 | トップページ | 本『悪意の糸』 »

本『すべてのニュースは賞味期限切れである』

『すべてのニュースは賞味期限切れである』
著 速水健朗、おぐらりゅうじ
アスペクト

ウェブサイト『cakes』の時事放談をまとめたもの。
都知事選、佐村河内守ゴーストライター事件、ソチ五輪、『いいとも』最終回、『テラスハウス』、
『アナ雪』、アイスバケツチャレンジ、W杯、ヘイトスピーチ、イスラム国、乃木坂46スキャンダル
などなど、2014年の出来事を炎上もおそれぬ自主規制なしで語り合っている。

最初に思ったのは、私、2014年のニュースを見出しレベルでしか知らないということ。
ツイッターとかあまり見なくなったとか、毎日会社に行ってるわけではないので、
世間の出来事について語る機会が減ったとかあるのだけど、
最近では、ニュースの第一報は、妹が「どこどこでこんな事件があったよね」と話はじめるのが主。
それもネットのどこかで拾ってきたようなコネタばかり。

おぐらさんが本書で語っているとおり、超情報社会でも自分が関心ないことは
スルーできちゃうというか、情報として入ってこない。
さすがに今年はもう少し世間にコミットしようと反省しました。

都議会のセクハラヤジはその中でも結構覚えてるニュースなんだけど、
これはヤジに頭にきたとかではなく、
その騒がれ方がバカみたいだったということで印象に残ってる。
このニュースはFacebook経由で知ったのだけれど、「ひどい」と怒っているのはほとんど男性。
女性からすると「いつものこと」で、なんで今さらそれぐらいで騒ぐの?という感じ。
(ここまで酷くなくても、女性なんて「結婚しろ」「子供産め」ってどこかで言われてます)
怒ってる男性たちは、もちろん自身の正義感から正しく怒っているんだと思うけど、
「私はそんなセクハラはしない」っていうポーズも感じて、だいぶ冷めた目で見てました。

ハロウィン、W杯のところで言われていることですが、
「ネットのコミュニティが現実のコミュニティの在り方に影響を与えてる」
のが現在の流れではありますね。
そういった変化とか、ニュースの消費のされ方のスピードとかが
本書の対談からも見えてきます。

あと、個人的には、みたままつりが今年(2014年)最高の人出で、
今後の開催が危ぶまれているっていうことがちょっと気になりました。
数年前はまだ余裕で楽しめたんですが、
たしかに最近は人多すぎて、まったく歩けなくなりました。

◆読書メモ

速水 その辺の挑戦的な感じや万能感は、昨今のネット犯罪者の共通点といえるかもね。俺が気になったのは、「自分は在日ではない」という声明ね。2ちゃんねるで犯罪者が皆在日朝鮮人扱いされるという流れを、予め先回りして反論しているの。こうした態度を見ていると、彼は「無敵」だから破れかぶれで犯罪を犯したのではなくて、単なるナルシストでしかない。つまり、彼にとっての華やかな舞台は2ちゃんねるで、そこで犯罪者としてスレが立つことが英雄的な行為だと思っているというか。
おぐら “目立ちたい”って、ほんとネット文化によって表出した人間の深層心理ですよね。

おぐら 一色……まぁそうだったとは思います。でも僕にはあんまり情報が入ってきませんでした。それで思ったのは、この超情報化社会と言われて久しい昨今、むしろ興味のない話題はごく自然にスルーする力が身についてるんだなって。

おぐら で、思うのは、渋谷の交差点で騒ぐのもハロウィンで盛り上がるのも、他人というか知らない人と絡みたいっていう欲求が根底にあるんじゃないのかなって。その意味ではツイッターとかネット上で知らない人に議論を吹っかけるのと同じで。街に出てサッカーのユニフォームなりハロウィンの仮装なりをきっかけに絡むのがリア充の方法論。一方、ネット上で自分が詳しい分野だったり自分を発揮できる話題をきっかけに絡むのがネット民の方法論っていう印象です。その結果、リア充は性欲が根底にあるから痴漢になり、ネットは承認欲求だから知識合戦になる、みたいな。

九龍 ただもっと正確に言うと、キッチュ・ジャパンっていうか。実際「クール・ジャパン」の名のもとに世界に伝わってるメッセージって、「やっぱり日本人って変態だな」っていうことだと思うんですよ。

速水 クール・ジャパンの可能性って、「リア充が興味をもたないコンテンツ」って日本でしか量産されてないから、それを輸出せよってことでしょ。子供向けでないアニメとか、少女と恋愛するゲームとか。そういうコンテンツが日本の得意分野。それを世界にも非リアはいるという確信の下、送り込もうとしているわけで。

速水 西海岸文化って、ビーチボーイズからチャールズ・イームズからスティーブ・ジョブズ、ヒッピー文化すべてビーチと結びついている。ビーチが出てくるビーチ・ムービーみたいなジャンルもあるし、完全に文科系としての海ブームなんだよね。間違ってもサーフィンとかは始めない(笑)。

« 本『月を盗んだ男』 | トップページ | 本『悪意の糸』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/58470390

この記事へのトラックバック一覧です: 本『すべてのニュースは賞味期限切れである』:

« 本『月を盗んだ男』 | トップページ | 本『悪意の糸』 »