« 本『彼女たちはなぜ万引がやめられないのか?』 | トップページ | 本『フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠』 »

本『マチネの終わりに』

マチネの終わりに

『マチネの終わりに』
平野啓一郎
毎日新聞出版

天才ギタリストと国際的ジャーナリストの「大人の恋愛」
というシャレオツ設定や理屈っぽい台詞で装飾されているものの、
中身は安っぽいメロドラマでまったくのれませんでした。

イラク戦争やユーゴスラビア紛争が
メロドラマの世界観だけのために使われているのもいらだたしい。

早苗は嫌な女だと思うけど、洋子のほうが嫌い。
経済学者の夫にサブプライム・ローンの倫理観を説くとか「知的な」女のすることだろうか。

「ブッキッシュで、いやな女ね、わたし。」
そのとおりだ。

« 本『彼女たちはなぜ万引がやめられないのか?』 | トップページ | 本『フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/74032918

この記事へのトラックバック一覧です: 本『マチネの終わりに』:

« 本『彼女たちはなぜ万引がやめられないのか?』 | トップページ | 本『フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠』 »