« 2018年7月 | トップページ

本『羊と鋼の森』

羊と鋼の森

『羊と鋼の森』
宮下奈都
文藝春秋

前情報なく読み始めたので
「羊と鋼の森」が何を意味するかわかったところで、おーっという感じ。

映画化してるけど主人公や双子よりも
秋野さんの配役が気になると思ったら光石研。わりと納得。

本『クマのプーさんと魔法の森』

クマのプーさんと魔法の森

『クマのプーさんと魔法の森』
C.ミルン
岩波書店

(現在、絶版。内容はだいぶ違うと思うけど
『プーと大人になった僕』公開にあわせて再販すればいいのにな。)

『クマのプーさん』の原作は、大人への道を歩きだそうとする
クリストファー・ロビンが森を出ていくところで終わる。
実在のクリストファー・ロビンはあまりにも有名な子供になってしまったため、
物語の中の少年のイメージにずっと苦しむことになる。

本書は1974年、54歳のクリストファー・ミルンが書いた自伝。
父A.A.ミルンが亡くなるまで絶縁状態だったというC.ミルンだが、
この本ではクリストファー・ロビンだった自分をきちんと受けとめているようで、
父への複雑な想い、プーが生まれた背景となった田舎での少年時代を綴っている。

父の名前が重すぎて作家にはならなかったC.ミルンだが(なんと本屋になる)、
森の描写は詩的で美しい。
一度、ここから離れて、過去の自分と決別しなければいけなかったことを思うと
プーの物語のラストがより切なく感じる。

「プー、ぼくのことわすれないって、約束しておくれよ。ぼくが百になっても。」
プーは、しばらくかんがえました。
「そうすると、ぼく、いくつだろ?」
「九十九。」
プーはうなずきました。
「ぼく、約束します。」と、プーはいいました。
『プー横丁にたった家』


続きを読む "本『クマのプーさんと魔法の森』" »

本『海からの贈物』

海からの贈物 (新潮文庫)

『海からの贈物』
アン・モロウ・リンドバーグ
新潮文庫

須賀敦子『遠い朝の本たち』で取り上げられていた1冊。
飛行家リンドバーグの妻であり、自身も飛行士であり、
6人の子供の母であるアンが休暇で訪れた離島で綴った書。
エッセイというより深い思索に満ちている。

吉田健一訳について、『遠い朝の本たち』の解説末盛千枝子は
「男性文学者の手になるのが残念」と書いているが、アンの思想は
フェミニストというより男前なのでこの固い文体があっている気がする。
(「女性的でわかりやすい」と評される落合恵子訳は
意図的な意訳が多すぎる説もあり。現在、絶版。)

リンドバーグといえば1932年に有名な誘拐事件で長男をなくしている。
この本が書かれたのは1955年。
1957年頃から夫リンドバーグは長年にわたる愛人との交際を始めている。
夫婦が向きあうことについて書かれた部分なんかもそう思って読むとなかなか意味深である。

続きを読む "本『海からの贈物』" »

本『トム・ソーヤーの冒険』

トム・ソーヤーの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)
トム・ソーヤーの冒険〈下〉 (岩波少年文庫)

『トム・ソーヤーの冒険』
マーク トウェイン
岩波少年文庫

お前なら行けるさトム 誰よりも遠くへ〜♪

子供向けの本がうちにあったので何度か読んでいるはずのトム・ソーヤー。
岩波少年文庫版をあらためて読んでみると、
教会や学校の描写にマーク・トウェインらしい風刺が散りばめられていて、
ここらへん子供が読んでもあまりおもしろくないだろうなという感じ
(大人が読んでもあまりおもしろくない)。

エミーに夢中だったのにベッキーが転校してきたとたん、
エミーに冷たくしてベッキーを口説き始めるとか、トムって結構嫌なやつ?
そんなトムの気を引くため別の男の子と仲良くしてみせるベッキーもどうなのか。
(ここらへんは子供向け本では適当にぼかされていたんだろうと思う)

それでも家出して海賊ごっこをしたり、殺人事件に巻き込まれたり、
宝探しをしたり、洞穴で迷子になったりといったあたりの展開は
さすがにめちゃくちゃおもしろい。

混血のインジャン・ジョーが悪者だったり、
ハックが黒人ジェイクをいいやつだと言いながら
一緒に食事をするところは見られたくないと言うあたりが
1876年南部の物語だと思う。

表紙イラストはノーマン・ロックウェル!

本『日のあたる白い壁』

日のあたる白い壁 (集英社文庫)

『日のあたる白い壁』
江國香織
集英社文庫

江國香織の絵画エッセイ。
ホッパーの絵を「旅人のなつかしさ」と言うあたり、
この人は書評にしても絵画評にしても説明しにくい感情を的確に言葉にすると思う。

「旅人のなつかしさというのはつまり、不安や疎外感を前提としたなつかしさ、
対象には拒絶されているなつかしさだ。」

ドラクロワの『花の習作』やマネの『海にとび込むイザベル』、
ムンクの『お伽の森の子供たち』など、代表作ではなく、
こんな絵も描いてたんだ!的な作品を取り上げているのも江國香織らしい。

ピエール・ボナール展が9月にあるのでちょっと行ってみたい気になりました。

« 2018年7月 | トップページ