« 本『海からの贈物』 | トップページ | 本『羊と鋼の森』 »

本『クマのプーさんと魔法の森』

クマのプーさんと魔法の森

『クマのプーさんと魔法の森』
C.ミルン
岩波書店

(現在、絶版。内容はだいぶ違うと思うけど
『プーと大人になった僕』公開にあわせて再販すればいいのにな。)

『クマのプーさん』の原作は、大人への道を歩きだそうとする
クリストファー・ロビンが森を出ていくところで終わる。
実在のクリストファー・ロビンはあまりにも有名な子供になってしまったため、
物語の中の少年のイメージにずっと苦しむことになる。

本書は1974年、54歳のクリストファー・ミルンが書いた自伝。
父A.A.ミルンが亡くなるまで絶縁状態だったというC.ミルンだが、
この本ではクリストファー・ロビンだった自分をきちんと受けとめているようで、
父への複雑な想い、プーが生まれた背景となった田舎での少年時代を綴っている。

父の名前が重すぎて作家にはならなかったC.ミルンだが(なんと本屋になる)、
森の描写は詩的で美しい。
一度、ここから離れて、過去の自分と決別しなければいけなかったことを思うと
プーの物語のラストがより切なく感じる。

「プー、ぼくのことわすれないって、約束しておくれよ。ぼくが百になっても。」
プーは、しばらくかんがえました。
「そうすると、ぼく、いくつだろ?」
「九十九。」
プーはうなずきました。
「ぼく、約束します。」と、プーはいいました。
『プー横丁にたった家』


<読書メモ>

今日、人々は、時どき、私にこういう。
「あんなすばらしいお父さんをおもちになって、なんて仕あわせな方でしょう!」
父が、あれほどの愛情と理解をもって私のことを書いたので、
おなじような愛情と理解をもって、
私と遊んだにちがいないと、このひとたちは考えているのだ。
これほど真実と遠いことがありうるだろうか?

プーの表情に、独特のプーらしさをあたえているのは何だろう。
目の位置である。最初、プーの鼻の上部とおなじ高さに、
綿密に描かれていた目は、しだいに下へ移っていって、
とうとうしまいには、口の横の小さな点になってしまう。
そして、この点のなかに、プーの性格の全部が読みとれる。

どの子も自分のプーをもっている。
しかし、おとなたちがみな、自分の子ども時代を思いだすよすがだといって、
プーをとっておくとしたら、おかしなことだろう。

水たまりに石を投げてごらんなさい。ぽしゃんと水がはねて、
波紋は外にひろがってゆく。水のはね方が大きいだけ、
波紋は消えるまえに、遠くまでひろがってゆく。
プーは大きく水をはねかしたから、波紋はたいへん遠くまでとどいた。
けれども、子どもの知能の限界はせまく、波紋は、
すぐに私の限界を越えて、見えないところまでいってしまった。

« 本『海からの贈物』 | トップページ | 本『羊と鋼の森』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/74032709

この記事へのトラックバック一覧です: 本『クマのプーさんと魔法の森』:

« 本『海からの贈物』 | トップページ | 本『羊と鋼の森』 »