« 本『この楽しき日々』 | トップページ | 本『ふたりのロッテ』 »

映画『アイ、トーニャ』

アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル[DVD]

『アイ、トーニャ』

ナンシー・ケリガン襲撃事件。覚えていますとも!
靴紐が切れて演技が続けられないと涙ながらに訴えるトーニャ・ハーディング。
(織田信成のときも真っ先に思い出した。)
煽りをくって滑走順が早まってしまった次の選手とコーチの姿。
ナンシー・ケリガンのスパイラル。
二人を尻目に金メダルをかっさらっていったオクサナ・バイウル。
カタリナ・ヴィットの『花はどこへ行った』。
リレハンメルは本当におもしろかった!

当時もメイク、衣装、選曲ともに「下品」な印象があったトーニャですが、
それを完璧に再現。オリンピックのときのチークとか印象そのまま。

労働者階級から出てきた選手ゆえに人気も高く、
事件後も「トーニャを信じてる」と看板を掲げるファンがいたことも覚えてます。
(ケリガンは上品なお嬢さんとして対比されていたんだけど、
これはマスコミが作ったイメージで実際にはそれほど裕福ではなかったそうだ。)

夫の暴力や母親との確執など今まで知らなかった話もありましたが、
恵まれない家庭環境ゆえに加害者となってしまったかわいそうな人、
みたいな描き方をしていないのがよい。

インタビュー形式をとったことで、
どいつもこいつも自分に都合のいいことしか言っていないので、
トーニャがどこまで襲撃事件に関わっていたのか真実は問わないという作りもうまい。

ださポップな選曲も好きです。

母親役のアリソン・ジャネイはアカデミー賞、ゴールデングローブ賞助演女優賞も納得の怪演。
この母親の前ではDV夫などただのヘタレに見える。
ケリガン襲撃事件よりも母娘の確執のほうが怖くて、
母親とどうしてもうまくやっていけないという人にも見てほしいと思う。

 

« 本『この楽しき日々』 | トップページ | 本『ふたりのロッテ』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本『この楽しき日々』 | トップページ | 本『ふたりのロッテ』 »

ランニング記録

無料ブログはココログ