« 本『富士日記 上』 | トップページ | 本『アンデルセン童話集 2』 »

本『レシピがいらない! アフロえみ子の四季の食卓』

レシピがいらない! アフロえみ子の四季の食卓

 

『レシピがいらない! アフロえみ子の四季の食卓』
稲垣えみ子
マガジンハウス

アフロえみ子こと稲垣えみ子さんの料理本。

『もうレシピ本はいらない』実践編という感じなので、
内容にそれほど目新しさはないんですが、
玄米ご飯に梅干し、ぬか漬け、干し野菜の味噌汁
といった地味なビジュアルが実においしそう。

料理自体はたしかに簡単そうですが、自家製味噌やぬか漬け、
干し野菜あたりにおいしさのポイントがありそうなので、
そのまま真似できるかどうかはわかりません。
でも、ぬか漬けはチャレンジしてみたい。

『もうレシピ本はいらない』のときはご存命だった稲垣さんのお母様が、
この本の時点では亡くなられているのが、少し悲しいですね。
以下、引用文が心にしみます。

「ああ「ご飯を作って食べる楽しみ」とは、自分で作り上げているようでいて、
実はそうじゃなかったのです。
それを喜んで食べてくれる誰かにそっと支えられてようやく成り立っていたのだなあ。」

「でもそれは一人暮らしであっても、結局は同じことなのかもしれません。
自分で料理を作り続ける原動力は、何よりも、
その料理を心から「おいしい」と思って食べる自分自身です。
どんな逆境に置かれようとも、例えば会社をクビになろうと、
連れあいに先立たれようと、自分で料理を作り、
それを心から美味しいと思って食べられる自分がいれば、
人生は全くもって何とかなっていくんじゃないでしょうか。
自給自足とはまさにこのことです。」

 

 

« 本『富士日記 上』 | トップページ | 本『アンデルセン童話集 2』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本『富士日記 上』 | トップページ | 本『アンデルセン童話集 2』 »

ランニング記録

無料ブログはココログ