« 2020年1月 | トップページ

本『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと (河出文庫)

『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』
花田奈々子
河出書房新社

本をすすめるのは難しい。
「乗り物が好き」とか「ハリーポッターは読んでる」とか
少しでも情報があればいいほうで、よくあるのは
「小学校◯年生の女の子に本を贈りたいのだけど何がいいか」といったもの。
性別と年齢はわかっても、いつもどれくらい本を読むのか、
どんなジャンルが好きなのか、といったことはわからない。
本を贈る本人もその子のことをよく知らないのに、
ましてや赤の他人の私が何をどうすすめていいものか。

そういえば、この本のタイトルをあげて
「あれみたいに本すすめてくれませんか」と聞かれたこともありました。
がんばって何冊かすすめてみたものの力不足で購入にはいたらず。

そんな簡単に本をすすめられると思うなよという恨み節的な事情もあり、
有名なのでタイトルは知っていたものの、
ちょっと変わった読書ガイド本だと思って、手にとらずにいました。

ライトなタイトルとは裏腹に、旦那と別居中で、
12年間続けたヴィレッジヴァンガードの仕事もやめようかどうしようか
悩んでいる菜々子さんが、出会い系サイトを通じていろんな人と出会うことで、
自分が本当にやりたいことはなんなのかを自問し、
前に向かって進み始めるという、なかなか力強い話でした。

私も15年勤めた会社を辞めたから、
彼女のヴィレヴァンに対する愛と、それが失われつつあっても、
かつて自分に居場所を与えてくれた場所だけに離れがたい気持ちとか、
ここを辞めて自分に何ができるのだろうかという不安はすごく共感できました。
(辞めてしまった今では人生なんとかなるし、
何度でもリセットすればいいと思ってますが。)
彼女にとって辞めるための勇気と自信を与えてくれたのが
出会い系で出会った知らない人たちというのがおもしろい。

本をすすめるためのポイントというのも参考になります。

 

続きを読む "本『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』" »

本『雪のひとひら』

雪のひとひら (新潮文庫)

『雪のひとひら』
ポール・ギャリコ
矢川澄子 訳
新潮文庫

『スカイ・イクリプス』で引用されていた文章が気になって読んでみました。

空から舞い降りた「雪のひとひら(snowflake)」をとおして女性の一生を描く。
大人のための童話というか、綺麗な詩のような一編。

「雨のしずく」と結ばれて子供までできるあたりはメルヘンすぎる気もするけれど、
海のなかで孤独静かに老いていく様とかなかなかシビアな擬人化です。

「私はどこからきたのか、なぜ生まれてきたのか」という問いは普遍的なもの。
子供の頃は不意にこの問いに包まれて
自分の存在の不思議さに動けなくなるような気分になりました。

ところどころ言葉の選び方が不思議だなと思っていたのですが
(悪いわけではなく、絵本のような調子でつづられているのに
「わだつみの」とか「幼なご」という言葉が使われていたりするので)、
訳者は詩人でもあるのですね。
訳者解説が「女性である雪のひとひら」と「男性的なる神」
みたいになっているのはなんか不満。

 

続きを読む "本『雪のひとひら』" »

本『北のはてのイービク』

北のはてのイービク (岩波少年文庫)

『北のはてのイービク』
ピーパルク・フロイゲン
岩波少年文庫

冬の岩波少年文庫シリーズ。
タイトルのみでまったく内容を知らないまま読みました。
グリーンランドに暮らすエスキモーの少年の物語。

お父さんと一緒にセイウチ狩りにでかける少年イービク。
わーいと思ったのもつかのま、お父さんがセイウチに殺されるという衝撃の展開!

狩りをする一人前の男を亡くしてしまうと、
食糧、燃料、衣類、すべてが失われてしまうというエスキモーの過酷な暮らし。
それと同時に狩りさえうまくできれば
すべてが供給される彼らの生活の豊かさも垣間見える。

味のあるイラストはイングリッド・ヴァン・ニイマン。
『長くつ下のピッピ』のオリジナルの挿絵で知られる人。

死者の話はしないという喪の服しかた、じかにものをたずねる習慣がない、
相手を立てた遠回しな物言いなど、エスキモー独自の文化もおもしろい。

続きを読む "本『北のはてのイービク』" »

本『スカイ・イクリプス』

スカイ・イクリプス―Sky Eclipse (中公文庫)

『スカイ・イクリプス』
森 博嗣
中公文庫

『スカイ・クロラ』シリーズ最終巻。
とはいっても物語は前巻『クレィドゥ・ザ・スカイ』で
終了しているので、消化試合のようなもの。

『スカイ・クロラ』シリーズ大好きというT嬢に
久しぶりに会う機会があったのであわてて読みました。

シリーズを補完する外伝的短編集というか、読者サービスのヒント集みたいな感じで、
いくつかの疑問は解決したものの、前巻でちゃぶ台返しされた謎は解けないまま。

疑問をそのままT嬢にぶつけてみると、
「どちらも◯◯◯◯」という答え。
「そういう世界だと思って読んだほうがいい」
「理詰めで理解しようとしないほうがいい」
「『スカイ・クロラ』以降は後付け設定を辻褄合わせしているところもある」
「映画版のラブストーリーというキャッチは笑って見ていた」
ということで謎は解けないものの、検証サイトの考え方よりはずっと納得できました。

ササクラさん推しの私としては、短編集でクサナギとササクラさんが
イチャイチャしているのが微笑ましい(飛行機の話しているだけですが)。
『スカイ・クロラ』におけるあの距離感はなんなんだ。
作者のフーコ推しはなんなんだ。
クリタくんの立場は?
とまだまだ疑問はつきませんが、シリーズとしてはひとまず完結です。

本『暮らしをつくる ものづくり作家に学ぶ、これからの生きかた』

暮らしをつくる ~ものづくり作家に学ぶ、これからの生きかた (Local Life Book)

『暮らしをつくる ものづくり作家に学ぶ、これからの生きかた』
甲斐かおり
技術評論社

<読書メモ>

「何かを美しいと感じる時の人の心のレベルってとても高いところにあると思うんです。
美しいもので暮らしやこの世の中が満たされたら、きっとこの世は戦争から離れていくと思う。
自分のつくるモノで、社会がいい方に変わったらすごくいいなと思いますよね」

自分の手で一つひとつやってみて得た答えは、
本やインターネットで3分でわかったつもりになっている知識と再現力が大きく違う。
世間ではどれほど当たり前のことでも、自分で試してみない限り知らないに等しいのだ。

 

 

本『アンデルセン童話集 3』

アンデルセン童話集 (3) (岩波少年文庫 (007))

『アンデルセン童話集 3』
アンデルセン
大畑末吉 訳
岩波少年文庫

大畑末吉訳による『完訳アンデルセン童話集』は全7巻だが、
岩波少年文庫では3巻におさめられており、その最終巻。

有名なところでは『赤い靴』、『雪の女王』を収録。
『赤い靴』ってこんなに殉教的な話だったんだ。

『雪の女王』は子供の頃、レコード付きの紙芝居をもっていたので
話は知っているつもりだったのだけど、完訳版だと結構長い
(そして残念なことにそれほどおもしろくない)。
行く先々でカラスから山賊の娘まで、いろんな人がゲルダを助けてくれるんだけど、
それがゲルダ自身の持つ「やさしい罪のない心」の力だと言われても。
雪の女王は思っていたより悪い人でもないし、カイのヘタレっぷりはあいかわらず。

「いったい、あんたのために世界のはてまでいくほど、
あんたに値打ちがあるのか、あたしは知りたいね。」

『びんの首』、『古い家』など時の移り変わりを描いた作品が印象的。
白眉は『「あの女はろくでなし」』。
すごいタイトルですが意味がわかると、アンデルセンの母親への愛と尊敬が感じられます。

ちなみに昔『アンデルセン物語』というアニメがあったのだけど
(1971年放映なのでさすがに再放送を見たのだと思われ)、
そのなかで『氷姫』という話が結構トラウマでした。
タイトルが『雪の女王』に似ているけれど別の話。
氷姫に気に入られた男の子が成長して青年になると、
彼の結婚式の前日に指輪を取りに海へと潜ったところ
氷姫に連れ去られるという、ホラーのような物語。
岩波少年文庫版には収録されていないけれど、
『完訳アンデルセン童話集 5』に収録されているようです。

アンデルセン童話集って子供向けじゃないよなということを再確認した3冊でした。

続きを読む "本『アンデルセン童話集 3』" »

« 2020年1月 | トップページ

ランニング記録

無料ブログはココログ