« 本『雪のひとひら』 | トップページ

本『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと (河出文庫)

『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』
花田奈々子
河出書房新社

本をすすめるのは難しい。
「乗り物が好き」とか「ハリーポッターは読んでる」とか
少しでも情報があればいいほうで、よくあるのは
「小学校◯年生の女の子に本を贈りたいのだけど何がいいか」といったもの。
性別と年齢はわかっても、いつもどれくらい本を読むのか、
どんなジャンルが好きなのか、といったことはわからない。
本を贈る本人もその子のことをよく知らないのに、
ましてや赤の他人の私が何をどうすすめていいものか。

そういえば、この本のタイトルをあげて
「あれみたいに本すすめてくれませんか」と聞かれたこともありました。
がんばって何冊かすすめてみたものの力不足で購入にはいたらず。

そんな簡単に本をすすめられると思うなよという恨み節的な事情もあり、
有名なのでタイトルは知っていたものの、
ちょっと変わった読書ガイド本だと思って、手にとらずにいました。

ライトなタイトルとは裏腹に、旦那と別居中で、
12年間続けたヴィレッジヴァンガードの仕事もやめようかどうしようか
悩んでいる菜々子さんが、出会い系サイトを通じていろんな人と出会うことで、
自分が本当にやりたいことはなんなのかを自問し、
前に向かって進み始めるという、なかなか力強い話でした。

私も15年勤めた会社を辞めたから、
彼女のヴィレヴァンに対する愛と、それが失われつつあっても、
かつて自分に居場所を与えてくれた場所だけに離れがたい気持ちとか、
ここを辞めて自分に何ができるのだろうかという不安はすごく共感できました。
(辞めてしまった今では人生なんとかなるし、
何度でもリセットすればいいと思ってますが。)
彼女にとって辞めるための勇気と自信を与えてくれたのが
出会い系で出会った知らない人たちというのがおもしろい。

本をすすめるためのポイントというのも参考になります。

 

こんなに真剣に考えて誰かに本をすすめたことはなかった。
相手のことを何も考えなくても、理由なんて何もなくても、本はすすめられる。
「とにかく自分が読んで面白かったから」というのは
シンプルにして最強のおすすめ文句だし、雑誌や新聞で本をすすめること、
もっと言えば店で本を並べて売ることだって、
相手を特に限定せずに本をすすめていることだとも言える。
でも、そうじゃなくて……。
その人のことがわからないと本はすすめられないし、
本のことも知らないとすすめられないし、さらに、その人に対して、
この本はこういう本だからあなたに読んでほしいという理由なしでは
すすめられないんじゃないかとも思う。

《本をおすすめするときの注意》
・特定のジャンルに詳しい人にその道の定番本・話題本を紹介しない方がいい
・本をあまり読んでいない人には、有名な本や名作を紹介してもよい
・本をよく読んでいる人には、名作・ベストセラーは基本的にNG。
マイナーな本や、聞いたことのない本、その人が読む本から遠いジャンルの本が喜ばれる
・ただしその場合も「なぜその人にその本なのか」という理由付けは必要
・どのくらいの遠さがベストなのかーかなり遠いジャンルを求めているのか、
その人の好きなジャンルからちょっとずらすだけの方がいいのかは人を見て総合的に判断
・性別・年齢・職種・趣味というその人のスペックから発想するより、
その人の雰囲気から紹介する方がウケることもある
(占いとか、「その人をイメージしたカクテル」に近い)

 

« 本『雪のひとひら』 | トップページ

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本『雪のひとひら』 | トップページ

ランニング記録

無料ブログはココログ