緑のカーテン その1

Yahooショッピングの見出しに『緑のカーテンセット』というのがあり、
悩んだあげく、きゅうりのセットを買ってみました。

注文してから知ったのですが、きゅうりはわりと病気になりやすいので、
初心者はゴーヤの方が簡単らしいです。
でも、食べるならゴーヤよりきゅうりの方がいいしな。

節電ムードの中、緑のカーテンも注目が集まっているようで、
「出荷に時間がかかります」と連絡があり、
注文してから商品が届くまで約2週間。
ちょうど忙しい時期だったので、玄関に箱のまま放置して3日。
やっと植え付けました。

1307824701404.jpg
玄関を占領するでかい箱。

1307824511561.jpg
『緑のカーテンセット』。プランター、肥料、鉢底石、ネット。

1307824518044.jpg
グリーンカーテンの土。

1307824516873.jpg
きゅうりの苗。

1307824517427.jpg
まずプランターに鉢底石を入れます。
プランターがでかいので、ひと袋分そのまま投入。

1307824518659.jpg
土もひと袋投入。

1307824519165.jpg
苗植え付け完了。放置していたせいか、ちょっと元気ない感じ。

(6月7日)
1307825046972.jpg
花が咲きました。

(6月10日)
1307825049814.jpg
ちょっと伸びた?

ハルノノゲシ

たまにはガーデニングの話を。
(一応、まだ続いているのだ)

冬には寂しい情景だった家の庭(ベランダ)も
春とともにぐんぐん緑が成長してます。
わかりやすいように時系列で成長記録を紹介。

Rimg0473b_1
冬の間、枯れちゃったかと思っていたレモンミントは、
根っこの部分は生きていたようで、芽がでました。(4月5日)

Rimg0491b
綺麗な若葉が伸びてます。(4月28日)

Rimg0736b
今こんな感じ。(5月20日)

Rimg0469b
ペニーロイヤルミント。(4月5日)

Rimg0737b
ペニーロイヤルミントは今こんな感じ。(5月20日)

Rimg0475b
レモンバーム。上のほうは去年の枝。
下のほうが春になって伸びてきた今年の枝。(4月5日)

Rimg0482b
名前忘れちゃったけど、ねーさんからもらった苗。
ちゃんと生きてるよ、という証拠に。(4月8日)

Rimg0466b
ローズマリーとラベンダーのプランターはすっかり雑草に占拠。
あまりの成長ぶりに切るのをためらい、少し様子を見ることに。(4月5日) 

Rimg0489b
雑草にタンポポによく似た花が咲いたので、野芥子と判明。
別名ハルノノゲシというらしい。(4月28日)

Rimg0732b
ほっておいたらハルノノゲシが巨大化。(5月20日)

Rimg0738b
多少胸が痛みましたが、虫が食い始めたし、秋まで花が咲くらしいので、
ラベンダーの成長に関わるだろうと、ハルノノゲシを伐採。
ラベンダーのど真ん中から伸びていたので、切った跡は爆心地のよう。(5月20日)

Rimg0740b
かたつむり発見。こいつは今もカモミールの鉢に住みついてます。(5月25日)

Rimg0745b
ラベンダーが無事に咲きました。(5月27日)

赤い殺虫剤

ちょっと前からカモミールに赤い小さい虫が発生。
水で洗い落としたりしてみたが、すぐに再発。
ハーブに殺虫剤は使いたくなかったのだが、
カモミールは食用にしてないし、
このままではどちらにしろ全滅してしまうので、
殺虫剤を買いに行く。

園芸店で「アブラムシだと思う」と言うと
赤いスプレーと白いスプレーが出てきて、
「赤いのはアブラムシのほか毛虫にも効きます。
白いのはアブラムシと病気にも効きます」とのこと。
ちょっと悩んだけど夏に毛虫にも苦労したので、赤い方を買う。
(でもよく考えたら、毛虫がつくのはミントやレモンバームなど
食用にするハーブだから殺虫剤は使えないんだった。)

Rimg0061b
赤い殺虫剤と絶滅寸前のカモミール。
園芸店の人によると、「残存期間が長いので、
一度スプレーしたら、次に使うまで2週間くらい置いてください」だそうだ。
結構、怖い。

Rimg0065b
気持ち悪いが今後の参考のため写しておいた赤い虫たち。
ネットで調べたらアブラムシじゃなくてダニという説も。

タンジー

Tanzi
タンジーの花が咲いた。

よく母が「○○の花が咲いたからちょっと見なさい」と言っても
興味のない私はさっぱり関心をしめさず母をがっかりさせていたんですが、
花が咲くということは、ひとつの成果であり、
今までやってきたこと(植え替えとか水遣りとか虫取りとか)
が報われるってことなんだなーと思ったり。

ここ数ヶ月は毎日虫との闘いだったんですが、
季節が終わったのか、やっと虫がいなくなりました。
(毎日ワリバシで虫を取り除くのだ。
もちろん気持ち悪いんだけど、ほおっておくとハーブがバクバク食べられちゃうので。
夏休み中、妹に水遣りを頼んでいたら、虫取りまではやってくれなかったので
帰宅したら虫が2センチくらいに成長していて、
レモンバームとローズマリーが3分の1くらい食われていた。ぎゃー。)

Hasami
料理用のハサミや文具用のハサミを使っていたら、
妹が見かねて買ってきてくれたガーデニングハサミ。
100円ショップのものらしいけど、切れ味もよく便利。


お引越し

といってもハーブの話(またかよ?)。

花の咲くハーブということで、ローズマリーとラベンダーと
タンジーとカモマイルを一緒のプランターに植えていたんだけど、
タンジーとカモマイルの成長がいちじるしく、
他のハーブの領域を侵食し始めたので、植え替えることに。

しかし、慣れていないもんだから、あっちの鉢に植えてみたり、
こっちの鉢に植え替えてみたり、落ち着くまで2、3度移動。
こんなんでちゃんと根付くかしら。

Herb5
植え替え後のタンジー(左)とカモマイル。
心なしかぐったりして見える?
カモマイルの下の皿は、受け皿を探していたらベランダから出てきた。
(前に母が使っていた植木鉢やプランターが残っている。)
まっ黒だったけど洗ったらノリタケの皿だった。
なんかの引き出物だったのかもしれないが、受け皿にしなくても。

Herb6
ねーさん用にさし木しておいたミントから根っこが出てきた。
枝を水につけておくだけで根がでてくるなんて、すごい生命力。


ミントティー

植え付けをしてまだ1週間なのだが、成長期にあたるらしく
ハーブがぐんぐん伸びている。

写真だとわかりにくいけど、
Herb3
1週間前。

Herb4
今日(左がペニーロイヤルミント、右がレモンミント)。

間引いたほうがハーブにもよいらしいので、
初めての収穫に挑戦。
一番問題のなさそうなレモンミントを一枝切って、
葉っぱをミントティーにしてみた。
もともとミントの香りってそんなに好きじゃないんだけど(笑)、
お茶はさっぱりとして飲みやすい。でも青くさい。
紅茶に入れるとか、レモンやライムを入れると飲みやすくなるらしい。
デトックス効果もあるそうですよ!ねーさん。


グリーンフィンガーズ?

土曜日に買ったハーブたちを植え付け。
プランターの古い土を捨てるところから作業を始めて、
植木鉢を洗ったり、ベランダを掃除したり。

園芸店に土を買いに行くと、小サイズと大サイズしかなく、
「女性に持たせるのは申し訳ないんですが」
と散々心配されながら、大サイズを家まで運びました。

Herb2
植え付けが完了したレモンバーム。
しかし、ハーブって草にしか見えないよな。

以前植えたラベンダーはちゃんと花が咲いたけど、
その後ほうっておいたので、枯れてしまいました(当たり前)。
こんどはちゃんと咲くといいなー。

ハーブガーデン

NHKで放映していた『ターシャの庭』を見て、
80ぐらいになったらガーデニングもいいかもと思い、
手始めとしてラベンダーの苗でも買おうと考えていたのですが、
気がついたらもう6月。植え替え時期を逃しちゃったなと思っていたら
駅前のスーパーでハーブの苗が投売りされてるのを発見。

Herb
レモンミント、マリンブルーローズマリー、ラベンダー、タンジー、
ローマンカモマイル、レモンバーム、ペニーロイヤルミント
7株で410円。

1株で十分だったのですが、植え替え時期を過ぎてるので
お店としても投売りで1列単位での販売。
「今日これ持って帰れないんですけど、いつまでやってるんですか」
と聞いたら、「本日8時まで」との答え。
徹夜明けに何をやってるんだかと思いましたが、
片手にハーブの苗、片手にスーパーで買った食糧をもって、
とぼとぼ歩きました。

ターシャの庭
イギリスの絵本作家ターシャ・テューダーの庭(といっても30万坪もある)
を季節の移り変わりとともにつづったドキュメンタリー。
私は何回目かの再放送を偶然見て、思わず母に「見ろ」と電話しました。
90歳にして「今がいちばん幸せ」と言い切れる人生ってすばらしいけど、
それなりにいろいろ乗り越えてきたから言える台詞なんだろうなー。