インターバル撮影に挑戦! その2

うちのブログの人気エントリーはなんと「インターバル撮影に挑戦!」なんです。みんなやってみたいという気持ちはよくわかる。

去年はデジカメで動画を撮影して、静止画を切り出して、
また動画にするという、やや無理やりな方法でしたので、
今年は正攻法でインターバル撮影機能を使ってみました。


その1 iPhoneアプリ『TimeLapse』を使う

最短1秒からのインターバル撮影が可能なiPhoneアプリ。
有料版もありますが、とりあえず撮るだけなら無料版で十分です。
(有料版だと動画作成までできる。)

Img_0877
まずはインタバール間隔を設定。
ここでは10秒で、連続50枚の撮影にしました。

あとは、iPhoneを動かないように何かで押さえて
フレームを決めてスターとボタンで撮影開始。
自動で50枚が撮影されます。

50枚の写真をPCに取り込んで、
『Windows Live ムービー メーカー』に読み込みます。

Kumo_4


“編集”タブで“再生時間”を“0.10”に指定。
あとは普通にwmv形式のムービーに出力します。

できたのがコレ。

うわー、なんかすごく簡単だ。
惜しいのは『TimeLapse』無料版だと
59枚までしか連続撮影ができないことぐらいですかね。
あと、iPhone 3GSなので、画質はそんなによくないです。


その2 リコーのデジカメのインターバル撮影機能を使う

リコーのデジカメには、すべての機種ではないですが、
インターバル撮影機能が搭載されています。
そこで、やや古い機種ですが、『Caplio GX』を引っ張り出してきました。
デジカメだと三脚を使って角度を調整しやすいのが便利です。
インターバル間隔は30秒からだったので、30秒に設定。
約50枚撮影するために、25分ほどカメラをそのままにして自動撮影。

あとは、同じように画像をPCに取り込んで、
『Windows Live ムービー メーカー』で再生時間を“0.10”に指定して、
wmv形式のムービーに出力。

できたのがコレ。


うーん、なんかこれもすごく簡単。
個人的にはソフトを使って、いろいろ設定をいじったりするほうが
おもしろいんですが、正直、インターバル撮影をしたい人は
この手のデジカメを買う方が、楽だし、綺麗な動画になりますね。


くま35

つくったもののフィルムがなかなか使い切らず、
そのまま放置状態だった『くま35』
やっと現像して、フィルムスキャナーで取り込んでみました。

いまどき「現像だけお願いします」って言ったら、
お店でちょっとびっくりされました。料金は500円くらい。
『くま35』は手でフィルムを巻上げるので、1シートに3枚写っていたり、
5枚写っていたり、適当。
フィルムは24枚撮りだったけど、写したのは16枚。
その中で比較的まともなのを。
ファインダーはもちろんないので、構図がメチャクチャだったり、
元写真が暗すぎるものは画像補正しているので、ノイズのりまくりですが、
ピンホールカメラ的なここはどこな幻想感は残ってて、まあいいんじゃないかと。

Kuma03b

Kuma05b

Kuma06b

Kuma08b

Kuma14b

長時間露光

まだやってるの?と言われそうですが、
まだやってます長時間露光。
これくらいの暗さだと15秒程度といった予想もなんとなくわかるように。

Rimg0003b
F2.5 8秒

Rimg0005b
F2.5 8秒

Rimg0007b
F2.5 15秒

Rimg0008b
F2.5 15秒

Rimg0022b
F2.5 8秒

くま35

私的に写真ブームが続行中。
ついクリックして買ってしまいました『くま35』。
紙製のピンホールカメラです。35mmフィルムを使うので『くま35』。
詳しくはここ
私が買ったのはここ。1780円ですが、楽天ポイントを利用しました。

Rimg0027b
かわいい物とか癒し系はむしろ苦手なんですが、
このすっとぼけた感じは良いと思います。
まんなかの「くま35」と書かれているシャッターを上下して撮影します。

Rimg0111b
セット一式。貼り付けに使う両面テープと黒テープ、
完成後にケースが開かないように止める(!)黒い輪ゴムまで付属。

Rimg0033b
切ったり貼ったりして組み立てます。
説明書には作成時間1時間とありますが、他の人のサイトを見ても2時間はかかるらしく、
覚悟をして作り始めたら、なんと4時間もかかりました。不器用だから?
フィルムの巻上げ部分はプラスチックだけど、あとは紙製。
シャッター周りの白い切り口はマジックで黒く塗る。なんてアナログ。

長時間露光

写真論を読んでいたら当然のごとく写真を撮りたくなった。
で、カメラマンさんに教えてもらった長時間露光を試してみる。

予想以上に簡単に“この世ならざる”写真が撮れておもしろい。
しかし、夜道をより暗いところを求めて歩くのでヤバイ人みたい。
街灯があったり、サッカーの練習をしている少年がいたりすると
「じゃまだな」と思ったり。(カメラマンさんは2度ほど職質されたそうだ。)

闇の中の方が昼間見えなかったものが見えるって不思議。

Rimg0089b
F2.5 15秒

Rimg0091b
F2.5 8秒

Rimg0094b
F2.5 15秒

Rimg0095b
F2.5 15秒

Rimg0097b
F2.5 15秒

Rimg0096b
F2.5 15秒

スナップ

当然のことながら、天才アラーキーにはなれないが、
「無意識に撮ると感じたら撮る」っていうのはいいなと思って、
パチパチ撮ってみた。といってもやっぱり建物だけど。
(ある日突然解体されたりしちゃうから
普通の風景を記録しておくってのも必要かと。)

Rimg0073b

Rimg0075b

Rimg0076b

Rimg0077b

Rimg0078b
東急文化会館跡地。
高校生の頃は、ここに映画の大きなポスターが貼ってあるのが当たり前の風景でした。

Rimg0079b

Rimg0081b