映画『(ハル)』

『(ハル)』

いまさらであるが、追悼森田芳光ということで『(ハル)』を見る。
1996年の公開当時は映画館で見たのだけれど、
今ではHuluで見たいときに見られる。

パソコン通信を舞台にしたメールのやり取りというのは
さすがに時代を感じる。
ハンドル名という響きも懐かしく、このころには、
ネット上の自分と、実際の自分という区別があったのだなと。
(「RTしよう」という言葉が出てくるが、
「リアルタイム会議室」、いわゆるチャットルームのことなんだけど、
当時、そんなふうに呼んでましたっけ? もう「リツイート」しか思い浮かばない。)

画面の大半をチャットのやりとりやメールが
埋めつくす手法は、相当、斬新だったと思うが、
パソコン通信の雰囲気を表現するためには、これで正しかったと思う。
むしろ、当時見ていたときは何の違和感も感じなかった気がする。
あらためて見てみると、メールで語っていることが必ずしも真実ではなかったり、
(ハルが明らかに嘘をつく場面では文字が赤くなっている)
淡々とした日常生活との対比がよく出ている。
メールの内容もごくごく普通のもので、
その後の『WITH LOVE』のように、
わざとらしく2人の距離を縮める感じがないのもいい。

日常生活はすごく静かな映画で、
深津絵里の恋人を失った喪失感を抱えている感じが
とてもいい。(彼女がちゃんと笑うのはラストだけなのだ。)
私は深津絵里を特別好きではないのだけど、
この映画の彼女は本当にいいと思う。

内野聖陽もちょっと爽やかすぎるんだけど新鮮。
戸田菜穂演じるローズは、明らかに『ノルウェイの森』の緑のパロディーで
何度も深津絵里が村上春樹の本を並び替えたり、
(『ノルウェイの森』の隣に『ダンス・ダンス・ダンス』を置くのだけど、
あれはなぜなんでしょうね。)
亡くなった恋人の名前が春田だったりする。

そのほか、ハルの元カノが当時、ちょっと目立ってた山崎直子。
今、調べたら山崎努の娘だとか。切れ長美人でした。
あと、深津絵里に言い寄る役で宮沢和史とか。

静かな映画の中で、大きく動の部分が新幹線なのだが、
あれは名シーン。
実際にはパソコン通信で知り合った人があんな風に
出会ったりしないとは思うんだけど。
(また蛇足ですが、当時はリアルタイムで
NIFTYの映画フォーラムにいたので、公開したときは話題になりました。
といっても当の映画フォーラムはシスオペ辞任騒ぎに揺れていたのだけど。)

映画のラストの台詞は予想がつくのだけれど、
あそこはやっぱり実際に声が欲しかった、
と見た当時も思ったっけ。


『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』

『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』

地震の影響で録画しそこねた『大聖堂』やっと見終わった。
原作はだいぶ変更されてるけど、
大聖堂建設をじゃましようとしてる司教が
それでも聖堂の美しさに打たれてしまったり、
建築職人トムが最後に見ようとしたのが聖堂だったり、
様々な欲望の上にそびえ立つ大聖堂というテーマは表現されている。

リーガン役のサラ・パリッシュ、エレン役のナタリア・ヴェルナー、
モード役のアリソン・ピル(スコットピルグリムのドラマー)は覚えておこう。

関連本:
『大聖堂』
『大聖堂 果てしなき世界』

映画『ソーシャル・ネットワーク』

『ソーシャル・ネットワーク』
at 新宿バルト9

事実かどうかはともかく(映画化した時点ですべてはフィクションです)、
ベン・メズリックの原作本には非常に忠実。
ハーバード大生の傲慢なエリート意識、
女の子と仲良くなりたいというささやかで誰もが抱く欲望、
友情と裏切り、スピードとタイミング、
そういうものから「何か」が生まれてくるのだと。
その「何か」が5億人のSNSでも靴でも椅子でも。

弾丸トークのリズムや
双子のレースのミニチュアライズっぽい映像とか
リロードとか。小技の効いた演出。

facebook
原作はこちら。ベン・メズリックの『facebook』

フェイスブック創設者のマーク・ザッカーバーグ、映画『ソーシャル・ネットワーク』にダメだし?

ショーン・パーカー曰く、映画ソーシャル・ネットワークは「完全なフィクション」

映画『キック・アス』

キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)

『キック・アス』
at シネセゾン渋谷

評判通りおもしろかったけど、意外にシビアな話。
「力には責任が伴う」はスパイダーマンの台詞だが、
では力のないものに責任はないのかと主人公は問う。

ヒット・ガール役のクロエ・グレース・モレッツは
『(500)日のサマー』の子。
マスクしたときのほうが弱々しくみえる。
彼女の残酷さはクールだけど、笑えないレベルで、
作品全体にちょっと影を落としている。

映像のスタイリッシュさとか、主人公の冴えない感じとか、
『ウォンテッド』に似ていると思ったら、アメコミ原作者が一緒だった。


(500)日のサマー [DVD]
『(500)日のサマー』

ウォンテッド 【ブルーレイ&DVDセット 2500円】 [Blu-ray]
『ウォンテッド』

映画『ノルウェイの森』

ノルウェイの森 オリジナル・サウンドトラック

『ノルウェイの森』
at 新宿バルト9

原作に思い入れがあるので、見るのを躊躇していたのだが、
原作にないシーン(アイスを食べるキズキと直子など)が原作を補完し、
ストーリー説明のためには入れておくだろう場面をカットしている。
原作に忠実な映像化というより、原作を理解した上で、
トラン・アン・ユン監督の解釈を映像化した、という感じ。

役者の台詞が棒読みと批判されたが、
ワタナベのしゃべり方は棒読みで読むのがたぶん正解。
むしろリアリティを持たせようとしている緑の方が違和感。

菊地凛子は彼女なりの直子像をよく研究していて、
しゃべり方から手の仕草まで完璧に演じている
(私の直子のイメージとは違うけど)。

村上隆が指摘してるほど難しいことは考えずに見たが、
原作がいくらでも文学的に深読みが可能だったように、
車を追い越すスピードで歩く直子とか、
直子を追いかける前に震える自分の肩を押さえるワタナベとか、
いくらでも解釈が可能な映像。
プールの青、療養所の緑、雪、肌を照らす光、
グルグルと長回しで捕らえたワタナベと緑の会話、
初音映莉子の表情しか映さない食事の場面とか。


映画『散り行く花』

散り行く花 [DVD] FRT-144

『散り行く花』

映画のお勉強第一弾。
不幸を体現するリリアン・ギッシュが不気味過ぎる。
口に指をあてて無理矢理笑う有名な仕草も実際に見ると、
健気とか可哀想という前に恐い。

『勝手にしやがれ』での引用が思い出せない。
この頃のサイレント映画は雄弁だな。


映画『ただ、君を愛してる』

ただ、君を愛してる スタンダード・エディション [DVD]

『ただ、君を愛してる』

宮崎あおい再発見第2弾として見てみた、のだが……。
そもそも、この映画を今まで避けてきたのは、
ポスターの綺麗すぎる映像に「なんだかなー」と思ってたわけで、
大学の近くにある不思議なほど美しい森とか、
なんだかもう、綺麗というより、「なんかこれCGですか?」みたいな
うそっぽさなんだよね。

宮崎あおいの不思議ちゃんぶりとか、
玉木宏の純情大学生とか、
ふたりが好演しているので、まあ、見れますが、
逆に言うと、このふたりじゃなかったら、どんなサムイ映画になったことか。
黒木メイサの美人マドンナもなんだかな。

それでも宮崎あおいのアヒル口とか、
メガネを外したらかわいかったというベタさとか、
「好きな人の好きな人を好きになりたかったの」とか、
彼女の存在がある間はよかった。
問題はラスト30分、宮崎あおいがスクリーンから姿を消した後で、
いや、もう、何これ。この安易な展開を
玉木くんと黒木メイサだけでひっぱってくのは無理。

公開された2006年ってまだ純愛ブームの頃だっけ?
これで観客が泣くだろうと思ってるほうもヒドイし、
実際に「感動して涙が止まらなかった」というレビューを見ると
なんだかゲンナリしますな。
たとえ、同じ展開でも主演が宮崎あおいなんだから、
演出次第でもっと別の泣かせ方ができたはず。

大学内の描写とか、同級生たちが玉木宏に手を振って別れていく場面が
『あすなろ白書』みたいだと思ったら、
監督の新城毅彦は『あすなろ』の演出もしてるのね。
小出恵介、青木崇高と一部『初恋』とキャストがかぶってますが、
『初恋』と違って、こちらはお気楽な大学生。小出くんはこっちのほうが似合ってるかも。
あと、映画に出てくるカメラがキヤノン製だったのに、ちょっと「ふーん」と思いました。

映画『アバター』

アバター

『アバター』
at 新宿バルト9

話題の『アバター』を見てきました。
先に見た人から、「3Dで字幕を追うのは疲れるし、
映像に集中できるから吹き替え版の方がいい」と聞いていたので吹き替え版に。
しかし、吹き替え版って朝9時と夜24時しかやってないんだよな。
で、はじめて、ミッドナイト上映に。
(席は普通にとれたし、空いてたけど、
開演を待ってるときや、3時という中途半端な時間に終わったときに
のんびりお茶できる場所がバルト内にあるといいですね。)

結果、吹き替え版にして本当によかった。3D映像を堪能できました。
すでにいろんな人が言っているように、
ストーリーはアレですが、映像は本当にすごい。
映画自体が「3D映画の可能性」のプロモーションビデオみたい。

奥行き感がそれほど強調されてるわけじゃないんですが、
3Dになったことで、もうCGなのか実写なのか関係ない、
アバター・ワールドを味わえる。
時々、メガネをはずしてみたんですが、2Dでも映像は綺麗だけど、
世界観がうそっぽくなってしまう。ましてや家庭のDVDでは
(ストーリーもアレだし)、絶対、楽しめない。
まさに、映画館で3Dで見ることで本領を発揮する映画。

映画が終わってメガネを外したときに、
ちょっと、帰ってきたジェイクみたいな気分になったんですが、
どうせなら“アバター”としてバーチャル・ワールドに潜入する話でも
よかったのにと、ちょっと思いました。
ストーリーから透けてみえる、異民族間の理解とか、自然との共生とか、
メッセージがややうるさいかなと。
でも、戦闘シーンや宇宙空間はやっぱ3Dだよなとか、
どんな映画なら3Dに向いているのか、考え始めているところで、
もう『アバター』は「3D映画の可能性」というプロモーションに成功してるわけで。

ジェームズ・キャメロンが来日したときの記者会見で、
「宮崎駿の影響は?」と質問されて、
キャメロンはていねいに「もちろん僕は宮崎アニメが大好きだよ」
というような返答をしていましたが、まあたしかに、
『ラピュタ』みたいな空に浮かぶ島とか、『未来少年コナン』みたいなロボットとか、
『ナウシカ』や『もののけ姫』みたいな自然との共生とか、
類似点を指摘したくなる気持ちもわからなくはない。
でも、これはジェームズ・キャメロンが宮崎アニメの影響を受けた、
というより、キャメロンも宮崎駿も、同じものの影響をうけている世代だから
似ているだけじゃないですかね。(その元ネタが何かは私にはわかりませんが)
映画関係者であれば、宮崎アニメは当然のように見てるはずだけど、
なんでもかんでも宮崎駿や押井守の影響だと思いたがるのはどうなのか。
(ストーリー自体がベタなんで、私は『ポカホンタス』を思い出したし、
ブルーマンの『ダンス・ウィズ・ウルブズ』なんて声もあるみたいだし。)

そして、このすごい映像をどうやって作っているのか、
当然ながら気になりますが、エンドクレジットを見る限り、
主なデジタルスタジオは、WETAとILM(ジョン・ノールの名前もあった)。
ニュージランドでロケもしている。
『ロード・オブ・ザ・リング』を見たとき、「もうCGで山でも滝でも妖精の国でも
作れるんだ」と思ったけど、『アバター』に関しては、むしろどの場面で
ロケをしてるのか(実写なのか)、さっぱり検討がつきません。
モーションキャプチャー関連のクレジットも多く、
アバターたちはモーションアクターが演じているのかと思ったら、
メイキング映像を見る限り、役者本人がちゃんと演じてますね。

メイキングを見て驚いたのは、ヒロイン役のゾーイ・サルダナをはじめ、
先住民ナビィを演じてるのが、みんな黒人系の役者だってこと。
たんに、エキゾチックなイメージが欲しかったのか、
白人vs黒人という異民族間の対立を暗に示しているのか。
役者を元にしたナビィのキャラクターは、少し鼻が低くなって、
眼が離れている造形。サム・ワーシントンやシガーニー・ウィーヴァーと違って、
ナビィを演じる役者の素顔は映画には登場しないわけです。
はじめ不気味に感じたネイティリが、映画が進むにしたがって、
だんだん、かわいく見えてくるのは、ゾーイ・サルダナ自身の魅力もあるはずですが。
途中、チラっと出てくる球状の中で撮影しているのは、
『なぜコンピュータの画像はリアルに見えるのか』で解説している、
Paul Debevecのリアルなデジタル・ダブルを作成するやつですね。
この技術があれば、アバターも簡単にできるのか。

最後に役者について。
ゾーイ・サルダナは『バンテージ・ポイント』でレポーター演じてた子。
シガーニー・ウィーヴァーとここで共演してますね。
『センター・ステージ』では、バレリーナ役だったから、
もともとダンスの素養はあるのかも。
ネイティリのしなやかな動きは彼女自身が反映されてるのかな。

ミシェル・ロドリゲスはそろそろ女性隊員以外の役をやってもいいのでは。
彼女の恋愛映画とかアリな気もするんだけど。

映画『アバター』のヒロインに独占インタビュー!
『アバター』みたいになると役者は自分がどんな映画に出てるのかわからなくなりそうだけど、アーチェリーや乗馬のトレーニングもちゃんとするんですね。
『アバター』でカットされた濡れ場、DVDでは特別版に収録か?
ネイティリの格好はすでに18禁だと思いますけどね。

『アバター』3D全方式完全制覇レビュー
このエントリー、参考になりますね。もう同じ映画を見てるといっても、どの映画館で見たか、3Dか2Dか、
字幕か吹き替えか、BDかDVDかネットか、それぞれの環境で、まったく違う印象になるかもしれません。

映画『イングロリアス・バスターズ』

イングロリアス・バスターズ オリジナル・サウンドトラック

『イングロリアス・バスターズ』
at 新宿武蔵野館

タランティーノ最新作ですが、
タランティーノはうまくなったのか、ヘタになったのか、
笑っていいのか、笑えないのか、
今ひとつ、どうとっていいのかわからない作品でした。
いや、おもしろかったんだけどね。

ナチス側より、ナチスを殺そうとする側の方が、
残酷に見えるのは意図的なものでしょう。
銃撃戦よりも、引き金が引かれる前の会話の緊迫感がタランティーノ。
第1章なんか完璧です。
この会話の緊迫感を引っぱっているのが、
クリストフ・ヴァルツ演じるランダ大佐。
会話のスマートさや笑顔が、本当に怖い。

ブラッド・ピットはこういう役がやりたいお年頃なんだろうけど、
あきらかにミスキャスト。アホっぽいトークで、残酷なリーダーという
この役は別の人が演じたほうが、もっとおもしろくなったはず。
笑えるはずの場面で笑えなかったのは、ブラッド・ピットのせいでもある。

ショシャナ役のメラニー・ロランは、赤いドレスを着ているときよりも
カフェの場面(茶色の毛糸のキャスケット、私も欲しい)の方が美人。
フランス映画に出ている彼女を見てみたい。

ツォラーを演じたダニエル・ブリュールは、悪い人にもいい人にも見えて、
若い頃のユアン・マクレガーみたいだと思ったら
『グッバイ、レーニン!』の子だった。おじさんっぽくなっちゃったかも。
実際の彼ではなく、スクリーンの中の彼に
ショシャナが同情しちゃうというがいいね。
しかし、プロパガンダとはいえ、あんなに人殺しまくっているだけの映画、
見ていて飽きないのかしら。(撮影は映画にも出てくるイーライ・ロス)
そして、全ての監督はきっとスクリーンに火をつけたいと思っているに違いない。
この実に映画的なシーンが映画的に見えないあたりが、
この映画の惜しいところでは。

あと、『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』のティル・シュヴァイガーとか
(あいかわらずいい男だ! 出番があれだけだったのが残念。)
役不足感は否めないダイアン・クルーガーとかも出演。

ゲッベルスがどんな映画を作っていたのかググってみたら、
ゲッベルス本人の写真がシルヴェスター・グロートとそっくりでびっくり。


映画『初恋』

初恋 プレミアム・エディション [DVD]

『初恋』

『剱岳 点の記』の宮崎あおいが少ない出番ながら
あまりにもかわいかったので、今年のテーマのひとつが
「宮崎あおい再発見」だったりするのですが、
今年最初に見る映画としては我ながらどうかと思うセレクト。

「三億円事件の犯人は女子高生だった」という奇抜なストーリーにもかかわらず
タイトルが示すように、これは初恋の物語。
三億円事件自体はたんなる時代背景みたいなものです。

宮崎あおいの68年ファッションをはじめ、ジャズ喫茶、学生デモなど、
当時の雰囲気だけでなく、そのころの青春の彷徨を再現、
というか、ほとんど60年代、70年代の青春映画のパロディーみたい。
当時の映画のアングラさとか、たら~っとしたノリとか、
意味深な表情のアップとか、やたらと暗い室内とか、
そんなものまで再現されているので、懐かしいというか、
タルいというか、この雰囲気が楽しめないとついていきにくい。

宮崎あおいの存在感は、主演が宮崎あおいじゃなかったら、
この映画は成り立たなかったろうと思う。
路上に座り込んでしまう場面とか、そこらへんの女の子だと
ただただタルい、意味不明のシーンになってしまうが、
宮崎あおいだと孤独感や喪失感を表現できる。

ちょっとびっくりしたのは、髪型のせいもあると思うが、
頭をなでられて笑った顔とか、かつての裕木奈江によく似てる。
そう思うと裕木奈江のポテンシャルってすごかったんじゃないかと、
今さらながら、惜しい人をつぶしてしまったんじゃないかと。
まあ、裕木奈江の笑顔が「男を誘ってる」と言われたのに対し、
宮崎あおいの笑顔は男子より女子受けするかわいさだけど。

ある意味、宮崎あおいより重要な役どころの小出恵介ですが、
本人が何かのインタビューで「『初恋』は荷が重かった」と語っていたように
役柄に求められる冷たさとか、当時の醒めた感じとかが
小出くんのキャラクターとあっていない。
精一杯、好演してますが、もっと何考えてるかわかんないような顔じゃないと。
しかし、今の若者でこの役ができる役者もそうそうおるまい。

彼が読んでいた本が気になって、DVDを巻き戻してみたりしたけど、
フランス語タイトルでわからず。
ググってみたら、どうやらサルトルの『嘔吐』や『壁』で、
宮崎あおいと出会う場面が『ランボー詩集』のようです。

本筋ではないとはいえ、三億円事件はもう少しサスペンスな演出が
あってもよかったかも。本当にこんなユルユルな感じで実行されたんですか?
ネットで「あの殴られた騒動はなんですか?」って質問を見つけたけど、
今の子は学生デモもなんだかわかんないんだね。
三億円事件も私だってリアルタイムでは知らないし、
事件が世間に与えたインパクトや意味なんてわかろうはずもない。
岸という小出くんの役名や、ジャズ喫茶にたむろする若者たちも
あの時代に何らかの共感をもてない世代だと理解不能なんじゃないか。
(逆に言うと、私のような1968年好きは、この映画が描く、
時代の雰囲気だけでも、それなりに楽しめる。)

亮役の宮崎将は本当に宮崎あおいのお兄さんらしいが、
どちらかというと旦那の高岡蒼甫の方が向いている役。
ユカ役は68年ファッションも気だるいヌードも似合う美人だが、
台詞のしゃべり方が68年っぽくないと思ったら小嶺麗奈だった。
全体的に役者たちは、このアングラっぽい映画の雰囲気を
ちゃんとつかんでいたと思う。
(岸の父親の弁護士(?)だけ、大事な台詞を言っているので、
もっと重みのあるしゃべりができる人がよかったなと。)

より以前の記事一覧