ネバチャ丼

会社の別部署にいるSさんという女性が、
同じくらいの歳かと思っていたら、実は40代だと聞き、びっくり。
思わず「化粧品何使ってます?」とか聞いてしまった。
答えは「ヒアルロン酸」。
ドラッグストアで売ってる1400円くらいの化粧水とクリームだけだという。
しかし、彼女の場合、「豆腐や野菜が好き」という食生活も高ポイントなのでは。
「“体の声を聞く”っていうじゃない? 自分が好きなものが体にもいいみたい」
などとロハスなことをさらっと言ってのけた。
(Sさんを魅力的に見せている一番のポイントは彼女のやわらかい性格だよなーとも思う。)

で、少しでも参考にしようと『ネバチャ丼』を買ってみた。
ほうじ茶麦飯に、おくら、納豆、とろろ、ひき肉
なんて健康的!

Neba
東急東横店『AOCafe』で購入。683円。

それと、Sさんと「不規則な食生活だ」という話をしていたら、
「え、でも、時々、会社でご飯炊いてるよね」と言われてしまった。
どうやら、この部署は“同じ釜の飯を食ってる”と思われていたらしい。
いや、あれは電気炊飯器の比較とか試食とかで、仕事なんです。

肌断食

Uさんから見せてもらった『Oggi』に
「佐伯チズさん直伝、肌断食」が載っていたので試してみる。

要するに金曜日の夜、クレンジングしたら、
土曜、日曜は、朝晩ぬるま湯で顔を洗うだけで、化粧水も乳液も一切つけず、
肌が本来もっている素肌力を取り戻そうという美容法。

今までも外出しない週末はスキンケアをさぼりがちだったので、
楽勝だろうと思っていたら意外と大変。室内が暖房で乾燥しているので、
土曜日はともかく、日曜になると、頬のあたりが乾く。
加湿器代わりにお風呂にゆっくり入ったらだいぶ落ち着きましたが、
これって本当に肌にいいの?という不安が。

月曜の朝になって、やっと化粧品解禁。
当たり前だけど、化粧品の浸透がすごくいい。
化粧品って使い始めは「おっ」と思っても、だんだん慣れてくると
効果を感じなくなってしまうことが多いけど、久々に効果を実感。
そして、確かに肌の調子は抜群でした。

時々、肌をリセットするのも大切なのねー、さすが佐伯チズと思いましたが、
いくら私がひっきーだからといって、週末に一歩も外に出ないということは難しいし、
もう少ししたら日焼け止めくらいはつけたいので、実行する日は選びますね。