iPhone設定 クラウドサービスと連携

続きです。

●Remember The Milk
公式アプリがありますが、有料になってしまうので、
無料アプリ『Milpon』を使用。
期限切れタスクが14とかってメニューに表示されちゃうのは
ちょっと悲しくなりますが便利。

Img_0011
「買い物」(というか「いつか買いたいもの」)リスト


●Evernote
噂の『Evernote』を導入。
ウェブ版、PC版、iPhone版で連携できます。
表示がやや重かったりしますが、もうすぐ日本語対応も進むということなので。

とりあえず、今まで『Remember The Milk』に入力していた、
行ってみたいお店リストをまとめてみました。

1.まず、ウェブ版『Evernote』に登録。
『Evernote』
http://www.evernote.com/

2.『Firefox』のアドオンを導入
『Evernote Web Clipper』
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/8381

3.サイトから切り取りたい情報を選択して、ツールバーのボタンをクリック。
Image3


4.テキストを選択して右クリックで送ることも可能。
Image5


5.『Evernote』ウェブ版で見るとこんな感じ。
Image6
サムネイルのテキストは文字化けしますが、クリックするとちゃんと読めます。


6.『Evernote』iPhone版で見るとこんな感じ。
Img_0013
タグつけて管理。

Img_0012
電話番号だけでなく、住所もGooglマップとリンクされるといいと思いますが、
それは今後に期待。

そのほか細かい使い方はこちらを参照
Evernote:iPhoneがあなたの脳になる!

iPhone設定 グーグルサービスと連携

iPhoneの設定おもしろすぎて、これだけで連休が終わっちゃいそうです。
とりあえず、今のところの設定を覚え書きとして。
(アプリもいっぱいありますが、今回はなるべく基本アプリを使う方向で設定。)

iPhoneを買った大きな理由が、GmailやGoogleカレンダーなど、
PCで使っているサービスをiPhoneで持ち出したい、というのがありました。
今までもケータイで会社のメールやGoogleカレンダーをチェックしたりしてたんですが、
iPhoneならそれがさらにスムーズになるはず。

●Gmail
まあ、これは基本アプリの『メール』でOK。
「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウントを追加」→「Gmail」で設定
(IMAPを設定することもできるけど、今回は必要ないのでパス
iPhone または iPod touch に対して IMAP を設定する方法

・エクセルの添付ファイルなども確認できるGmailですが、
日本語テキストファイルは文字コードによっては文字化けしますね。
その場合は、『Safari』でモバイル版Gmailを見たほうが楽。
モバイル版Gmail
http://gmail.com

・モバイル版Gmailでも添付ファイルが表示されない場合は、
一番下の「Gmailの表示形式」から「PC」に切り替えて、
添付ファイルの「表示」で見れます。
iPhoneで読めるメール添付ファイルあれこれ


●Googleカレンダー
iPhoneの基本アプリ『カレンダー』とGoogleカレンダーを同期するには
いくつか方法があるようですが、今回はGoogle Syncで。
私はGoogleカレンダーを色分けするため、複数のカレンダーを使ってますが、
それもちゃんと同期されます。
iPhoneとカレンダーを同期 Google Syncを試す
(『iTunes』の設定って何もしなかったけど、大丈夫でした。)


●Googleマップ
iPhoneで「すげー」と思ったことのひとつが、メールや連絡帳の住所をクリックすると
マップが開かれること。これ、すごい便利。
今まで、行きたいお店があった場合、住所とGoogleマップのリンクを
ケータイに送信していたのですが、今度からは住所だけメールしておけば、
自動でリンクになるはず。

基本アプリ『メモ』に住所をコピペしておいてもOK。

Img_0006
『Safari』から住所部分をコピペして『メモ』に貼り付けると、
住所と電話は自動的にリンクになる。

Img_0007
リンクをクリックするとマップが起動してピンが落ちてくる。
「おーっ」って感じです。

そのほかのGoogleサービスもモバイル版があるので、
ブックマークしておく。
(iGoogleだけでもブックマークしておけば、そこから他のサービスに飛べます。)

Img_0010
●Googleリーダー
http://www.google.com/reader/i/

Img_0009
●iGoogle
http://www.igoogle.com

ハローキティのiPhoneケース&保護シート

iPhoneを買って、最初にやったことはiPhoneケースの注文。

iPhoneの洗練されたデザインはみなさん絶賛するところですが、
持ち歩いて使うものなのに、傷や指紋が気になるってのが難点。
今までのケータイだったら、バックに放り込んだり、ポケットにつっこんだりできるのに、
iPhoneでそれをすると壊れちゃいそうな感じで。

で、iPhoneの価格を調べると同時に、iPhoneケースもチェックしました。
革製のものから、シリコンジャケット、カラフルなものまでいろいろありますが、
AppleStore限定の「Power Support's Hello Kitty Air Jacket for iPhone」にしました。

P1020291b
iPhoneケースのパッケージにダイヤル電話のイラストってとこがいいですね。

私は全然キティラーじゃなくて、どっちかっていうといい年してキティなんて
と思うタイプなんですが、このキティはなんかオモチャっぽくて
iPhoneが最新のデジギアじゃなくて、昔の筆箱みたいになるのが気に入りました。
ホワイトのiPhoneを選んだのもこのケースを使うため。
どうせなら、徹底的にオモチャとして使おうと。

ベースはパワーサポートのAirジャケット。
普通のAirジャケットが2280円で、キティ版が3480円だから、
キティの値段は1200円か。(と、また計算してしまう。)

P1020294b
意外と箱もかわいかった。

P1020295b
よく見ると黒い部分にもイラストが。

クリスタルとアンチグレアの保護シート2枚も付属。
しかし、貼り方の説明書とか一切なし。
サイトにはちゃんと説明があるんですが。
Airジャケットセット kitty case for iPhone 3G/iPhone 3G S

保護シートはiPodのときに苦戦したので、
今回は液晶保護シート貼り方講座(VAIO type P)を参考にしました。

このキティ、いかにもレトロですが、新しいシリーズか何か?
と思ったら、今年はハローキティ誕生35周年なんだそうです。
最近はピンクを貴重にした3Dっぽいキティを見かけますが、
昔、モノトーンのキティとかあったよな、と調べたら1987年のシリーズでした。
世代的に昔のキティのほうがやっぱりほっとするかも。


35th Anniversary Hello Kitty Design History
ハローキティ35年のデザインの変遷を追ったサンリオ提供のムービー。

iPhoneって結局いくらなのか

iPhone 3G S 買いました。
仕事で1週間くらい借りてたんだけど、あまりに便利なので、
これはもう必要なプラットフォームなのかなと。

購入にあたり、当然、本体価格や毎月の維持費をチェックしたんだけど、
これがもう本当にわかりにくい。ケータイの価格って一種の詐欺だと思う。
一応、自分的にまとめてみる。
(複雑になるので、32GB一括購入の場合のみ。買うなら32GBだし。)

結局のところ、「iPhone for everybody キャンペーン」とは、
●2年縛りを条件に、
・本体価格を80,640円→69,120円に値下げ、
(※現在さらに32GBが57,600円、16GBが46,080円に値下げ中)
・パケット定額フルの上限を5985円→4410円に値下げ
するもので、それ以外のなにものでもない。
●一括で買っても、分割で買っても、本体価格は69,120円。
(一括で買っても、月月割は適用される。)
●2年たったら、パケット定額フルの上限がいきなり5985円に上がるわけではない。
(というか、2年後ってもう新機種出てるだろうから、
2年後にどうするかなんてそのとき考えればいい話。
契約解除料(9,975円)も7ヵ月使えば、パケット定額フルの分だけで元がとれる。)

毎月の維持費がまたややこしい。
基本料金プラン 
 ホワイトプラン 980円/月
パケット料金
 S!ベーシックパック(i) 315円/月
 パケット定額フル 1029円~4410円/月
月月割 -1920円/月

ということで、これを合計してみると、
月額料金は、最低404円~最大3785円になるはずだが、
ソフトバンクの月額料金シミュレーションでは、980円/月~となっている。

Soft01

この576円の差は何?と思ったら、下の方に小さく書いてありました。
○8月19日より、基本使用料は月月割の対象外となりました。
つまり、基本使用料(ホワイトプラン980円)は割引対象外。
パケット料金(S!ベーシックパック(i)315円+パケット定額フル最低額1029円)
だと合計1344円で、まだ576円割引額が残ってますが、
○月月割対象の合計金額が月月割額(上限)よりも少ない場合には、
  月月割対象合計金額のみ割引となります。
なので、この576円は割引されない。
結論として月額は最低でもホワイトプラン分の980円がかかります。

(ソフトバンクは本体の実質負担960円×24回(23,040円)って宣伝してるけど、
あれは宣伝のレトリックだよな。
本体69,120円の24回払い、2,880円/月-月月割1920円=960円
なんだけど、実際のところ月月割は本体価格には適用されないんだから。)

まとめると、iPhone 3G S 32GBは
本体価格 69,120円(※現在57,600円)
月額料金 最大3785円

ってことになります。
(パケットなんてすぐに使っちゃうから最低980円はあまり考えなくていいと思う。
むしろ、月月割の限度額までめいっぱい使うなら、
パケット料金は1029円+576円=1605円まで使ったほうが得なはずだけど、
まあ、そんな計算なんてしながら使わないので。)

もうひとつめんどうなのが、割引・オプションサービス。
Wホワイト 980円/月
基本オプションパック(i) 498円/月
ソフトバンクショップでも、ヨドバシカメラなどの量販店でも、
「強制的に」このオプションがつきます。
iPhoneを電話として使うわけではない人にとっては、
通話料の割引や留守番電話なんて必要ないんですが。
ネットでググると、このオプションを断わろうとして、
店ともめたケースなんかがいっぱいひっかかります。
めんどうな人はソフトバンクオンラインショップでiPhoneを買えば、
このオプションを最初から外せます。
たいていの人は、量販店で買って、あとからオプションを解除してるようです。
(この場合、「料金プランの変更」にはあたらないので、
キャンペーン適用の解除にはなりません。)

私の場合はポイント目当てで、ヨドバシカメラで購入しました。
(一括購入の場合、10%のポイントがつく。)
あまりにも事前予習をしたため、「わかってますよ」という顔をしていたのか
お店のお姉さんもほとんど説明をスルー。
(条件の説明とかはちゃんとありましたけどね。)
Wホワイトと基本オプションパック(i)については
「不要な場合は解除できます。10日締めなので、
10日までに解除していただければ翌月は請求されません」
と解除前提で話が進む。

で、同じくiPhoneを買う気になったねーさんと一緒に買いに行ったところ
思いがけず「ただとも」プログラムが適用されるということで、
5ヵ月間ホワイトプラン980円が無料に。これはちょっとラッキー。

買ったその日はとりあえずメール設定だけ。
MMSとiPhone用メールと、メールアドレス多すぎ。
そんなに使わないと思うんだけど。

Wホワイトと基本オプションパック(i)は
157に電話するか、My SoftBankで解除できますが、
当日夜に157に電話してみたら、途中まではキーを押すだけで
話が進むんだけど、解除にはオペレーターと話す必要があるらしく、
「営業時間にかけなおしてください」というアナウンスが流れました。
My SoftBankは購入の翌々日でないと登録ができない。
ギリギリ10日にMy SoftBankからオプションを外しました。

長くなったけど、iPhone 3G S購入の巻でした。